« Hang Loose | トップページ | Keep In Touch »

Hang Loose (Part 2)

Hang Loose (Part2) / People Under The Stairs

Showletter_21

西海岸のラップデュオ、People Under The Stairs‘02年のシングル。
Don Thompsonの同名曲をサンプリングしたHang Looseはスルーしていましたが、こっちのPart 2には喰いつきました。ファンキィ。
自分の持っているPeople Under The Stairsの音源はこのシングルとYouth Explosionのシングルのみ。シングル買ってた当時はアルバムまでは手が伸びませんでしたねぇ、なんとなく。今はブックオフとかで安く見つけたらアルバム聴いてみたいグループですね。ジャジーっぽいトラックは今ひとつな感じがしてて、Youth Explosionのシングルに収録のBig Daddy Brownとかのほうが結構好みのファンクでよく聴いとりました。

Hang Loose (Part2)のトラックの出来が良く、生演奏っぽい作りになっていたんで、ネタが気になってクレジット見てもサンプルクレジットはなく、裏ジャケにはNew Fishbucket House Bandなるバンドのメンバー写真が。
「生?いやぁーそんな事ないだろ・・・Fishbucketってライブハウス本当にあんのかな?・・いやいや・・・」

Hang Loose (Part2)のネタは判らないまま時は流れ、たまたま友人に聴かせてもらったコンピ「New Thing!」で気に入っていた、Travis BiggsのTibetan Serenity収録の再発盤アルバム「Challenge」を購入。

そしたら入ってましたね、元ネタ。

Showletter_23The Do-Do Walk / Travis Biggs「Challenge」




Travis Biggsの「Challenge」はなんでも75年に自主レーベルからプロモ用に500枚しか制作されなかったレア盤らしいです。Travis Biggsはハープ、ヴァイオリン、シンセなど、色々な楽器をやっています。アルバムにはスティービーのI Wishとかスティーブ・ミラー・バンドFly Like An Eagleなどのカバーあり。
Travis Biggsにはもう1枚「Solar Funk」って「Challenge」と微妙に曲目が被ってるアルバムがあるみたいです。


Good TimesとRapper's Delightを比べる気にはならないですけど、この場合は個人的に正直、People Under The Stairsの方がかっこいいですね、これ。

裏ジャケのメンバー写真もミネアポリスの7人組バンドHazeのバンドメンバーでした。
 
 
 
 
 
 

|

« Hang Loose | トップページ | Keep In Touch »

funky」カテゴリの記事

funky」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Hang Loose | トップページ | Keep In Touch »